キース・ライリー
November 2012
M T W T F S S
« Aug   Feb »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Keith Reilly/キース・ライリー
Lens
Keith Reilly has been around music and nightlife culture for over 30 years he is the founder and vision behind fabric.
fabric opened in October 1999 after nine years searching for the right space. fabric is opposite the historic Smithfield Meat Market in Farringdon, London. During this time it has become one, if not the most influential nightclub in the world. Since 2001 fabric has also released the highly acclaimed monthly compilation albums that alternate each month between its key nights fabric live (Friday's) and fabric (Saturday's).

ロンドン在住。1979年に初のクラブとしてスタートした”The Cage”は口コミだけで総勢2000人の人々が訪れ話題となる。その後、1990年10月にロンドンの東にあるスミスフィールド市場の逆側にfabricが誕生。キースにとって音楽は生活の一部であり、レコードコレクションは500,000枚を超える。現在fabricは世界で最も影響力のあるナイトクラブの一つと言われる程にまで成長した。最高の音楽 、最高のサウンドシステム、最高の人々の融合で最高のクラブが存在する。2001年よりコンピレーションアルバムをリリースしている。

"Good Music. Sound System. Good People. In precisely that order."
www.fabriclondon.com

Monthly Archives: November 2012

Craig Richards

この質問は日本に滞 在する前にいただいていましたが今回日本での滞在ではFabricと自分のバースディ-で答える時間がありませんでした。初めての滞在でしたが、日本のありのままの美を感じ、人々はとても生き生きとしているように思え、はっきりと自分の考えが用意できました。

1. 音楽は常に自分の周りにありました。すべてが自分の好みではありませんが、レコードコレクションがありました。私が音楽に興味を持ち始めた頃、父はアメリカによく行っており、当時イギリスでは売っていないレコードを買ってきてくれました。父は本のコレクターで、明らかに影響を受けていますが最も大きな影響は仲の良い友人の姉と兄でした。A wonderful mixture –ソウルとファンクそしてディスコがブレンドしたアーリーエレクトロミュージックとオールタナティブサウンド。これらは未だに私の音楽に対する基礎になっています。私がナイトクラブに行くようになった頃、私は自分の変わらない生涯の情熱となるダブレゲエとジャズを見つけました。そしてハウスとテクノが生まれました。今では想像するのが難しいですがアンダーグラウンドの音楽を聴くのは当時クラブしかありませんでした。ラジオでは聴けない私たちの愛する音楽を聴くため色々なところへ行きました。最後に私の手掛けた音楽たちはそれらの愛から来ています。愛は無くならない、単純に。

2. 最初に、私はロンドンのクラブやパーティーに行きました。1984年の1年間はハリウッドに行きました。それは私にとってとても影響のある事でした。ロサンゼルスではレコードを買い、質の良いライブミュージックがありました。また80年代から90年代にはニューヨークにも行きました。1987年にはロンドンでアートスクールに行きました。

3. Fabricでの表現はとてもシンプルです。Keithはとてもクリアーなビジョンを持っていました。まとめると、私たちは私たちでやりたくないことをしない事でした。時々、未来は過去によって造られます。いずれにしてもTerryと私は場所を与えられました。私はハウスとテクノがミックスしたFreaky Discoと言うナイトクラブにいました。SwayzakとJon Marshもある晩そこにいました。私が思うにそれはテクノサウンドの始まりでのちにtech houseとして知られています。Terryは影響力の大きいロンドンのアンダーグラウンドイベントWiggleにいました。これらの出来事はKeithと私たちによってスタートし、私たちはゲストを呼び、ミュージックポリシーを明確にしました。当時はダンスミュージックに歌が入っているものが商業的でしたが、私たちはアンダーグラウンドミュージックのパワーを知っていましたし、私たちの仕事はそれをたくさんの人に届ける事でした。この13年間は私たちの最高の業績です。エレクトロミュージックの解釈は全く違うものです。もちろん規定通りの創造性のない、商業的なダンスミュージックは常に売上と評価を支配します。しかしこの10年間、そのエリアで私たちはたくさんの声と観客を見つけました。Fabricは成功したと思いたいし自分自身もFabricの偉業の一部だと思います。

4. 私色々なスタイルの音楽を聴きます。自分のレコードコレクションとの関係はそれを明らかにするものです。私の現在のDJセットは常に過去を参考にしています。このアプローチはよくある事です。ただ古い音楽と新しいもの混ぜるものではありません。

5. あるレコードショップに行った時、私はインターネットで音楽をリサーチしていました。インターネットでたくさんの情報が発見できとてもエキサイトしました。流行りのものは避けました。質の良い全てのジャンルの音楽は私の手本になっています。

6. 私はFabricの初めての海外パーティーが日本でできたことをとても嬉しく思っています。Wombのパーティーではとても素晴らしいものでしたし、誇りを感じました。これは本当のパーティーでただのナイトクラブではありませんでした。驚くべきレセプションでした。日本の観客の反応は特別で素晴らしい理解があります。東京は独特の歴史と音楽があり、私たちと愛をシェアできる最高の場所でした。

7. 出来事には発展と成長があります。アンダーグラウンドミュージックは歩き、誇りの上に立っています。インターネットは人々に好きな音楽を与えてくれます。それは素晴らしい事で25年以上前の遺産でもあります。この遺産はとてもシンプルな原理で成り立っています。ダークルーム、サウンドシステム、たくさんの音楽を楽しんでパーティーを作る人々。これらは私たちがFabricを始めた時から現在でも信じていることです。

Some questions with Craig Richards

I was asked to answer these questions some time before my recent trip to Japan but with the excitement and confusion created by the Fabric 13th birthday and my own birthday I haven’t had a chance to look at them until now.

Whilst the feeling and spirit of Japan has never left me form the first time I visited. Adding to this I feel that now with the raw beauty of the country and it’s people fresh in my mind I am better equipped to articulate my thoughts.

1. There was always music in my family house. Not always to my taste but for certain there was a record collection.

My father used to travel to America for work a lot so as I started to become interested in music he would bring me records which were unavailable in England at the time. My father is a collector of books which is undoubtedly where my own obsession drew its influence.

The biggest source of influence, however, was my best friends older sister and brother. A wonderful mixture – Soul, funk and disco blended with early electronic music and more alternative sounds. This is still the foundations of my interest in Music.

Later when I was old enough to go to nightclubs I found my own way into dub reggae and Jazz which have remained lifelong passions. Later House and Techno were born.

Hard though it is to imagine in these times of easy access but it was hard to access underground music the only way you could hear the music you longed to hear was to go to clubs. Nothing decent or any substance was played on the radio. So we had to travel to hear the music we loved.

Ultimately my involvement in music comes from a love of it. A love that will never die. simply that…….

2. Initially I travelled to London to clubs and illegal parties, I spent a year in Hollywood in 1984 which had a massive effect on me. Both in record buying and in the quantity of live music available in Los Angeles. I also spent a lot of time in New York during the eighties and nineties. But nothing could prepare me for what happened in 1987 in London when I moved there to go to Art School.

3. The mission statement with Fabric was very simple. Keith had very clear vision. Collectively we had a better idea of what we didnt want. Sometimes the future is defined by the past.

Anyway Terry and I were offered residencies. I had been running a night called Freaky disco which was mixing up house and techno. Swayzak and Jon Marsh on one night. I guess it was the beginnings of a techno house sound which became known as tech house. Terry was running Wiggle which was a seminal London underground night…Things were starting to happen for both of us and along came Keith with an offer which has become a thirteen year reality. The plan was to build the night around us. We invited the guests we defined the musical policy.

At the time the only dance music with a voice was the most commercial. We knew the power of underground music and our task was to bring it to a greater number of people. Thirteen years on this is undoubtedly our greatest achievement. The perception of electronic music is completely different. Of course the most formulaic, unimaginative and commercial representation of dance music will always be the dominant force in sales and reputation. However, in the last decade the area we support has found a bigger voice and a greater following. I’d like to think that the success of Fabric and indeed my residency at Fabric have had some part to play in that triumph.

4. I’ve never really seen my artwork as being directly to my appreciation of music aside from works made whilst listening to Music……… My relationship with my record collection defines my take on music at the time. I listen to lots of different styles of music. I constantly reference the past with the present in my DJ sets. This approach slowly allows a common thread to form. Theres nothing like playing an old tune with a new one.

5. Whilst nothing beats a visit to a record shop, I spend a great deal of time researching music on the internet. I’m constantly excited about the amount of information can be found via the net. As for trends I try to avoid them. Quality music across all genres is my only guiding light.

6. I’m very excited about the fact that Japan is the first place we’ve ever held a Fabric party outside of Fabric. The normal route would be a commercial route and one that would undoubtedly involve compromise.

Having just played my heart is full of optimism and positive feelings. The gig at Womb was incredible and made me feel very proud. A real party and not just a club night. The reception was amazing. Audience response in Japan is always very special and with great understanding. Tokyo in particular has a great history with electronic music. For this reason its the perfect place for us to share the love. The start of something beautiful.

7. The scene is always evolving and growing. Underground music walks tall and stands proud.

Thats the main change. The internet allows people to make up there own minds about they want to listen to.

Its a great thing to be a part of a legacy that has been going for many more years than twenty five. This legacy is based around simple principles – A dark room, a sound system and enough people who want to get down to good music to make it a party. Thats what we believed at Fabric form the beginning and the same applies now.

Translation – 大村 匡平

Photograph – Mark Oxley


Posted in 未分類 | Leave a comment